模型箱のこと

d0313412_2153444.jpg
何気なく手にしている模型の箱を、少し観察してみました。


その役割には、完成した模型の補完や保護もあるかと思います。
ハンドリングが良く、浅くシンプルで、場所をとらないキット折箱も魅力的ですが、組んだキットの行く先も考えてあげたいですね。

今回のシェイは完成品を納めることも視野に入れて検討中。
なじみの箱を、数種類あたってみました。寸法は、内箱の外寸(キリのいい数字)です。
40 60 120とか30 50(47) 150などは、寸法にもある種の思想を感じます。
それが何って訳では無いですが・・・

比較的手頃なのは乗工社の完成箱、杉山さんやZOOの箱は、ほんの少し大きめでしょうか・・・
写真にはありませんが、珊瑚の長箱は、乗工社の白箱と断面が一緒で長さが違うだけす。
ギャードロコ系は、やはり杉山サイズでしょうかねぇ。

キットは浅い折箱で流通。その後、組立完成した写真を送ると完成品用の箱がプレゼントされる、そんなアイディアも出ています。

箱の大きさ情報、ご意見を募集中です。
ぜひコメント欄にお願いします。従来通りコメントは非公開も選べますので、適宜チェックして活用下さい。
[PR]
by shayloco | 2015-01-21 21:52 | 13ton project
<< 13ton SHAY proj... 或る1台の機関車 >>



shay climax heisler baldwin porter koppel decauville
カテゴリ
全体
SHAY / HO
SHAY / O
13ton project
HEISLER
CLIMAX
GEARED LOCO
Dachs
Baldwin
未分類
最新の記事
DMC2017 小坂鉄道 大館駅
at 2017-03-27 01:01
鉄道模型社のシェイ
at 2017-03-13 22:10
DMC/軽便祭2015/基隆..
at 2015-10-06 20:27
その他のジャンル