カテゴリ:未分類( 3 )

DMC/軽便祭2015/基隆project II

DMCの基隆project 2年目はブラシュアップとなりました。
昨年の記事は
DMC/軽便祭2014/基隆project I
来年は別企画が始動中です。
乞うご期待、新規メンバーも・・・

この炭礦、昨年は杉さんに気に入って戴き、クダンの写真展のきっかけとなったとの事
大変光栄に思っています。

そしてもう一つ、一度拝見したかったONMCのIさんのバタバタ!
モチーフとした炭礦で働いていた屋台です。
かねがね、並べてみたかったカットです。
d0313412_20341648.gif

撮影と加工は、DMC(NJ)のOさんです。
沢山並んだ鉱車の製作も・・・白ナンバーは手描きで、グラフィックペンだそうです。

モジュールの内容は少しだけブラシュアップ、
階段やドラム缶に手回しポンプ、
小物、粉炭を抑える木の水槽などを作り込んでいます。
d0313412_2014044.jpg

階段は、ダンプの脇のかなり際どい所をギリギリに寸法で納めています。
脇と直下を石炭が通り抜けて行きます。

毎年新機軸のIさん、
今年のテーマは土砂降り雨!
ナローの蒸気を天賞堂の機関車みたいに塗ったのはIさんが初ではw
前掲Oさんの雨の加工です。
d0313412_20201159.jpg

d0313412_2022175.jpg


また今年の軽便祭では、Twitterから、新しいお二人とのご縁も出来て楽しくなりそうです。
その辺りとクリクラブースは、後日・・・

しばらく、お休みを戴いていましたが
ボチボチ再起動、シェイの方も頑張ります。
[PR]
by shayloco | 2015-10-06 20:27

DMC/軽便祭2014/基隆project M





上部軌道の礦車は自動往復運転、動画はOtkさんの撮影です。
[PR]
by shayloco | 2014-10-04 23:04

DMC/軽便祭2014/基隆project

けむりプロとの出会いは、小学生の分際で手にした「鉄道讃歌」であった。写真と文章で広がるもう一つの世界に魅了されたと言っても良い。創造への原点がそこにある。

d0313412_134796.jpg
その中でも基隆は、場所では無く、時代を遡るかのような感覚を有し、親しみとともに強い印象を残した。

d0313412_128463.jpg
DMC発足時の地形をテーマに、高低差を取り込み、工夫された建物に取組んだ。


狸掘りに毛が生えた程度の小さな炭礦、採掘から選炭、積み出しまでの一通りを揃え、凝縮。

ウエットな台北のイメージが先行する中、乾いたホコリっぽい、モノトーンの空間を目指した。

ポイントとなる屋根は、陰惨な廃墟にならない時間の表現に腐心している。


d0313412_155787.jpg

鉄道讃歌のペンとカメラを、コテと筆に持ち替え、もう一つの世界を構築して行きたいと考えている。

d0313412_161625.jpg

そして個人的なテーマは、あの四角いモジュールの規定する世界からの逸脱であった。
[PR]
by shayloco | 2014-10-02 05:10



shay climax heisler baldwin porter koppel decauville