カテゴリ:13ton project( 15 )

模型箱のこと

d0313412_2153444.jpg
何気なく手にしている模型の箱を、少し観察してみました。


その役割には、完成した模型の補完や保護もあるかと思います。
ハンドリングが良く、浅くシンプルで、場所をとらないキット折箱も魅力的ですが、組んだキットの行く先も考えてあげたいですね。

今回のシェイは完成品を納めることも視野に入れて検討中。
なじみの箱を、数種類あたってみました。寸法は、内箱の外寸(キリのいい数字)です。
40 60 120とか30 50(47) 150などは、寸法にもある種の思想を感じます。
それが何って訳では無いですが・・・

比較的手頃なのは乗工社の完成箱、杉山さんやZOOの箱は、ほんの少し大きめでしょうか・・・
写真にはありませんが、珊瑚の長箱は、乗工社の白箱と断面が一緒で長さが違うだけす。
ギャードロコ系は、やはり杉山サイズでしょうかねぇ。

キットは浅い折箱で流通。その後、組立完成した写真を送ると完成品用の箱がプレゼントされる、そんなアイディアも出ています。

箱の大きさ情報、ご意見を募集中です。
ぜひコメント欄にお願いします。従来通りコメントは非公開も選べますので、適宜チェックして活用下さい。
[PR]
by shayloco | 2015-01-21 21:52 | 13ton project

13ton SHAY project ”report”

d0313412_0501141.jpgラインナップの検討とパーツの確認などを行っています。

手前のボタンのようなパーツは、シェイの駆動機構の特徴であるベベルギャの試作です。
今回の「みんなのシェイ」は、良く走るを基本にしていますので、ベベル駆動ではありませんが、将来の駆動も視野に入れながら、一通りのディテールを備える!が、コンセプトです。

特に歯車の回転は、走らせた際に眼が行く所でもあり、メカニズムのポイントにもなる部分です。J社では省略されていた部分であり、PFMなどではクラウン形状になっていたものも見られた部分です。

ラインナップは、13tonクラスの可愛らしさと完成された美しさが出るようなディテールを備えたものになります。

d0313412_4542750.jpg
そうそう、レンダリングの腕も上がって来ました(苦笑)
どなたかMAC版の良いレンダリングソフトをご存知でしたら、ご教示ください。
[PR]
by shayloco | 2014-12-26 00:57 | 13ton project

13ton SHAY project ”engine”

d0313412_23475167.jpg左の画像は、現在進行中のエンジン部分のモックアップ。一足先にブラス風に画像加工しました。

13tonのエンジンは、クランクケースタイプと言われる3ピースの構成で、下部のクランクケースの上にシリンダーとブラケットが重箱のように重なります。

この手の小型のシェイにしては、高さ(タッパ)があり、ちょっとバランスが悪いだけでなく、Eトップがキャブの中に潜り込む感じが美学的にも残念。
諸々のクリアランスや、上から見ることの多い模型を考慮してほんの少しだけ低く(短く)なっています。
この他には、ちょっとしたカーブが印象を大きく変えてしまう部分をクリアーしました。
トーマさん、模型化におけるクリアランスに、かなり苦労されています。

この本体にクランクシャフトやバルブギャが追加されます。


d0313412_23531166.jpg

上の画像(On3 engine)は、今回の13tonタイプのクランクケースタイプとは異なるブラケットタイプのエンジンです。
ブラケットタイプは、クランクケースが無い2ピースの構成で、クランクシャフトが全て見えます。

模型はOn3のジャンクを2シリンダーに組み直したもの。本来は中央に小さな支えブラケットが入るのですが、まだ付けていません。On3の模型の中でも角のキチッと出た良い造形です。
ちなみに杉山さんのHOのシェイでは、シャフト中央に駆動用のギヤが入っています。

※各パーツの名称を振っておきました。
アクセントのポイントは、ドレイン管とリフティングアームです。
[PR]
by shayloco | 2014-11-28 00:09 | 13ton project

13ton SHAY project "outline"

d0313412_2233174.jpg垂涎の13ton SHAYを目指し、進行中の設計内容について、お話、助言させていただいています。

今回のシェイは、実物の仕組みを縮小して模型化するというよりは、シェイの模型としてバランスの良いものになることがテーマ。 良く走る、組み易い、バリエーションが楽しめるなどが目標です。

コスト、精度ともに、未知数の小径ベベルギヤの採用は今後の課題として、比較的安価であること、小半径を回る走行性を実現する方向性です。

画像は、足回りを中心とした検討中のモックアップ。洗い出しの主な点は、
・エンジンの高さとバランス  ・ベベルギヤの表現  ・クランクケース形状 ・フロント/エンドビームのボルト位置  ・キャブ幅  などです。





[PR]
by shayloco | 2014-11-26 22:50 | 13ton project

13ton SHAY 胎動中

d0313412_1643843.jpg

日本国内に入った2種類のシェイ、魚梁瀬・八幡の13トンと、呉鎮の42トンのうち、小型で好ましい13トンが、来年にはお目見えしそうです。

製品化に向けて、課題の洗い出しと資料のお手伝いをしています。

確か以前にも書いた記憶がありますが・・・
CN1800〜2000前後に採用された、あの見るからに固そうな鋳鋼台車でなかったら、シェイが木曽や秋田でも重用されただろうにと・・・ 夢想と妄想がひろがります。
[PR]
by shayloco | 2014-10-20 23:57 | 13ton project



shay climax heisler baldwin porter koppel decauville
カテゴリ
全体
SHAY / HO
SHAY / O
13ton project
HEISLER
CLIMAX
GEARED LOCO
Dachs
Baldwin
未分類
最新の記事
DMC2017 小坂鉄道 大館駅
at 2017-03-27 01:01
鉄道模型社のシェイ
at 2017-03-13 22:10
DMC/軽便祭2015/基隆..
at 2015-10-06 20:27
その他のジャンル